右:三島茶碗
                           左:青磁陽刻象嵌梅瓶

古松淳志氏の四回目の展示会を開催いたします。粉引、刷毛目、三島、青瓷陽刻象嵌などの、彼ならではのウィットに富んだ作品を多数展示いたします。是非御高覧賜りますようお願い申し上げます。 

陶歴
1973年 神奈川県生まれ
1996年 大学卒業後 陶芸家吉田明氏に師事
2005年 静岡県賀茂郡南伊豆町にて独立
2012年 割竹式登窯完成
    個展、企画展にて作品を発表

 ※作家は在廊いたしません。